クリック!人気blogランキング 

2008年01月15日

調所様が。。

幕末ものは得意じゃないから、、、
とるーの旦那さんは見ても見なくてもいい様子のNHK大河ドラマ「篤姫」「風林火山」の時とは大違い。「風林火山」は日曜8時総合見て10時BS見て、土曜に再放送まで見てる時があったのに。。。確かに幕末ものは話がややこしいってのはありますけどね。。。るーは一応ちゃんと見ましたよ、2回目も。

チト農民に甘いんじゃないの?と、藩から処分を受けることになっちゃいそうな於一宮崎あおいさん)の父・今和泉島津家島津忠剛長塚京三さん)でしたが、ひたすら謹慎して自粛することによって、一応処分は免れたみたい。まぁ大変だわ。
家老の調所広郷平幹二朗さん)の財政再建でギューギューシメられ、藩士や農民たちの生活は悲惨を極めてるんだけど、なんとかその調所の締め上げで財政再建は着実に進んでるんです。
でもそんなやり方に下級武士の西郷吉之助小澤征悦さん)や大久保正助原田泰造さん)ら若い藩士たちは不満蓄積。おまけに慕っている島津斉彬高橋英樹さん)の子供が次々に死んじゃって、これは父親であり、藩主の島津斉興長門裕之さん)と側室・お由羅涼風真世さん)の仕業では?なんて憶測まで出てくるし。。。

そんな中、於一調所様から呼び出しを受ける。急に江戸から呼び出しを受けたから行かなくてはならないそうで、その前に話しておきたかったんですって。悪代官な感じに思われている調所だけど、一概にそうは思えない於一調所於一を気に入ってるみたいで、こないだの密貿易に続いて、贋金造りをしていたことを話しちゃったりして。その贋金をお土産にくれちゃったりして。
そんな調所様は想いを胸に秘めて一路江戸へ。薩摩藩を疑う幕府老中・阿部正弘草刈正雄さん)から呼び出しをうけ、密貿易や贋金造りを指摘されるけど、そ知らぬ顔の調所様。とりあえず持ち帰ってお答えしますー、なんて言ってたかと思ったら、なんと家に帰って薬を飲んで自害してしまいましたね。薩摩藩の罪を全てかぶってということで。。。

もちろん阿部正弘島津斉彬と通じており、斉彬調所の死に、もしかして薩摩の恩人を死なせてしまったのかも・・・とチト涙しますが、死んでしまったものはもう戻らないしね。「風林火山」もそうだったけど、世の中どうもうまくいかない親子ってのもいるみたいで。薩摩藩主である島津斉興は嫡男の斉彬にイマイチ家督を譲りたくないみたい。斉彬はさっさと斉興に隠居してもらいたいみたいなんだけど。薩摩を良くしたいって気持ちはお互いあると思うんだけどね。
肝付尚五郎瑛太さん)は将棋も弱いけど、剣も弱いなんて。。。しばらく於一のパシリみたいな感じ?ですね。
太平の世が長く続いていたからなのでしょうか、調所も自害するに薬なんだーとるーは思ってしまいました。武士なら自害は切腹じゃないのー?って。南蛮渡来から薬がいっぱい入ってきて、薬で死ぬのがフツーだったのかなー???

読んでみますか?>>>篤姫(前編) NHK大河ドラマ・ストーリー



原作はコチラ>>>天璋院篤姫(上)新装版

行ってみたいー>>>鹿児島・桜島




<宜しければ人気blogランキング>

主婦るーのTVあれこれTOPへ
posted by るー at 18:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ

2008年01月09日

「篤姫」見ましたけど

幕末ものはどうかなー。。。
いよいよ始まりました、本年のNHK大河ドラマ「篤姫」。主演はNHK朝の連続ドラマ小説「純情きらり」で好演した宮崎あおいさんですね。若干22歳で、大河ドラマの主役としては歴代最年少らしいけど、テレ朝「モップガール」にも出てた高岡蒼甫さんと去年結婚されて、人妻なんですよね。。。

「篤姫」は江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室である篤姫のちの天璋院)が主人公。以前フジ「大奥」シリーズで菅野美穂さんが演じていた、薩摩の島津家から徳川家に嫁いでくるお姫様ですよね。「大奥」ではその名の通り、大奥の中のことがメインだったけど、今度は大河ドラマですからね。幕末の混乱の世界がきっちり描かれていくんでしょうね。。。

天保6年(1835年)、薩摩藩主の嫡子である島津斉彬高橋英樹さん)が初めてのお国入りの中、島津家の分家の1つである今和泉島津家に女の子が生まれる。一(かつ)と名付けられた女の子は於一(おかつ)と呼ばれ、薩摩の美しい自然の中でナカナカおてんばに育ちまして。働いても働いても苦しい生活の農民たちを見て、ご飯を食べなくなったりする、心優しくチト意志が強そうな子役時代がありましたが、さっさと宮崎あおいさんに成長しちゃいました。
成長した於一はなおさら意志が強くておてんばな感じに。兄である島田忠敬岡田義徳さん)が通うセクスィー部長改め小松清猷沢村一樹さん)のところに男姿で潜り込み、学問を学ぼうとするんですねー。ここに運命の人になるらしい肝付尚五郎瑛太さん)がおり、同じ年生まれの2人は何となく意気投合?!この2人同じお守りの色違いを持っていまして。これはそれぞれの親にお国入りしていた斉彬が安産のお守りとしてくれたもの。男の子ばかりだから今度は女の子を、と島津忠剛長塚京三さん)は赤いお守りをもらったのですが、やっぱり男の子が欲しいと取り替えてもらったの。結局生まれたのは女の子だったんだけど、於一は男の子だったらなーと思わせる性格で。お守りは青だしね。で、尚五郎の方が赤を持ってるわけで。

島津一門なわけだから楽チンなのかと思いきや、この頃の薩摩藩の財政状況は逼迫していたみたいで、財政改革断行中。今泉島津家も上納金を求められちゃう。島津忠剛は藩主・島津斉興長門博之さん)と家老の調所広郷平幹二朗さん)からギューギュー言われ、農民たちの生活は悲惨を極めていて西郷吉之助小澤征悦さん)、後の隆盛ね、にはその窮状を訴えられるしで、大変なんだわー。結局、チト農民に甘いんじゃないの?と処分を受けることになっちゃうし。。。
なんで父さんがそんなにギューギューされなくちゃいけないの?と男勝りな於一尚五郎を連れて調所の屋敷に乗り込んだー。つまみ出されるかと思いきや、ちゃんと会ってくれまして。おまけに幕府で禁止されてる密貿易してるんですよーなんて話されちゃう。薩摩藩を立て直すためなら何だってやりますよーという調所様に、何がどう正しいのか、なんだかわけがわからなくなる於一なのでした。

るーは嫌いじゃないんだけど、イマイチ幕末ものはだんだんついていけなくなるのよねー。「新撰組」もだんだん見なくなっちゃって、また最後の方見てるって感じだったし。幕末の混乱に、るーも混乱しちゃうのよね。
なので「篤姫」もどうなることになるか分かりませんが、第1回目を見た感じでは、とりあえず見続けようと思ってます。まだカツラ頭がしっくり見えない宮崎あおいさんだけど、キリリとしていて清々しいし、フジ「のだめカンタービレ」を集中して見たせいか、まだそのイメージが残る瑛太さんだけど、「のだめ」とはまた違ったなかなかイイ感じだし。基本的にるーは歴史が好きだしね。

最初に於一を妊娠中の母親・お幸樋口可南子さん)の前に僧侶(麿赤児さん)が現れて言った「その女の子は江戸に行く」との予言が、どのようにその通りになっていくのか興味もある。「大奥」では徳川家に嫁いできたところからでしたからねー。まずはまた来週ね。

まずはこちら>>>篤姫(前編) NHK大河ドラマ・ストーリー



原作を読んでみる>>>天璋院篤姫(上)新装版

雄大だねー>>>鹿児島・桜島




<宜しければ人気blogランキング>

主婦るーのTVあれこれTOPへ
posted by るー at 19:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 大河ドラマ

2007年12月18日

「風林火山」最終回

とうとう終わってしまいましたね。。。
1年間続いたNHK大河ドラマ「風林火山」もとうとう最終回を迎えました。長かったような短かったような。。。

山本勘助内野聖陽さん)が策した武田軍の挟み撃ち攻撃「啄木鳥(きつつき)の戦法」宇佐美定満緒形拳さん)に読まれてしまい、上杉軍は車懸かりの戦法ってやつで、突如霧の中、武田本隊の目の前に現れたー!
武田軍が劣勢にさらされる中、武田信玄市川亀治郎さん)の弟・信繁嘉島典俊さん)は体制を建て直す時を稼ぐと、捨て身の覚悟で自ら敵の本陣に切り込み討死。後を追った重臣・諸角加藤武さん)も討死しちゃいましたね。。。

それでも武田の粘りに、上杉政虎ガクトさん)に撤退を進言する宇佐美。妻女山から武田の別働隊が下りてくれば、上杉軍が挟み撃ちにされてしまうわけで、戦況は逆転しちゃうかもしれないしね。でも政虎は納得せず。決着をつけると、白馬に乗って突撃しちゃったよー。あらららと慌てて追いかける宇佐美
そして武田の本陣では、勘助が前線に出たいと願い出る。自らの策の失敗に責任も感じたんだと思うけど、勝つんじゃー勘助!という信玄に応えようと、どうにか状況を打開せねばとね。お屋形様のことを駒井高橋一生さん)に託し、前線に出ようとした武田義信木村了さん)を本陣へ追い返す。だけど誰かが袖を掴む。ウッヒョー、また由布姫柴本幸さん)の幻影が。この前お墓参りの時に出てきた時も、自分を止めようとしてくれたんだと感激する勘助だけど、ここで行かないわけにはいかないの。今までの生き様が走馬灯のように思い出される勘助は、帰れない覚悟を決めたような顔で切り込みに突撃したよー。ただただお屋形様のために。
勘助と出くわした宇佐美は、勘助に共に兵を引くよう叫ぶけど、勘助は聞く耳持たず。宇佐美と斬りあっちゃう。国を滅ぼしてまで何故戦う?と勘助に問いかける宇佐美だけど、勘助は自分が生きるため、大切な人のため、お屋形様のために戦うんですー。

そんな状況の中、白馬の政虎が単独で武田本陣にまっしぐら。ちょっとちょっと誰かいないの?と思ったら、みんな戦ってて信玄の脇には誰もいないー。そして政虎信玄に刀を振り下ろした。これが有名な一騎打ちってやつねー。もちろん信玄が討たれちゃうわけはなく、辛くも軍配で刀を受け止めた。凄いよ鉄板の軍配だったのかしらね???三太刀しても信玄を討てず、白馬に矢を受けた政虎は一目散に退散。あっという間の出来事に、ビックリして信玄に駆け寄る駒井高橋一生さん)ら。三太刀受け止めたけど、七太刀の傷があると、敵ながらホントに龍神かもねと政虎に感服する信玄なのでした。

そして戦い続ける勘助は、とうとう傷を負ってしまう。次から次へと。。。それでも戦い続ける勘助。彼方に白馬の政虎が揺らめく。待て政虎と手を伸ばす勘助だけど、ドンドンパチパチ、鉄砲で撃たれちゃったよー。瀕死だけど、まだ見える武田の旗印が、、、と諦めない勘助。そこへ1人の侍が寄ってくる。なんと上杉軍にいた平蔵佐藤隆太さん)。平蔵この首をとれと言う勘助に、平蔵が困惑していると、いやーん平蔵にブスリと矢が刺さりバッタリ。アララの勘助に見えたんです。真田の旗印、六連銭が。別働隊の真田幸隆佐々木蔵之助さん)らが戻って来たんですー。
やったー!お屋形様これで武田の勝ちです、勝ちどきをあげろーと瀕死の勘助。そこへ、山本勘助の首頂きーの声。シャキーン、首取られちゃったんですー。

別働隊が戻ってきた武田軍に、上杉軍は退却。なんとか武田は持ちこたえたみたいですね。勘助死んじゃって、一緒にいた伝兵衛有薗芳記さん)や太吉有馬自由さん)はどうなっちゃったのー?と思ったら、勘助を探す伝兵衛の姿が。そして勘助の胴体を見つけたよー。伝兵衛が胴体を背中に背負って本陣に帰ると、太吉が首を取り返してきたよー。胴と頭が合わせられた勘助を眺める信玄以下家臣たち。勘助ったら微笑んでるよって。だって勘助は武田の勝ったと思って死んだんだからね。結局また決着はつかなかったんだけどね。。。
死んだと思った平蔵だけど、フラフラ屍の中を歩いてた。遠くに死んだ兵から刀なんかを物色する老婆の姿が見えたから、たぶんおふく緑魔子さん)に助けられたかもねー。

山本勘助って名前を聞いたことあったし、時代劇ドラマで目にしたことはあったと思うんだけど、あんまり生涯については知らなかったかも。でも体が不自由で隻眼なのに、放浪の末に40を過ぎて武田に仕官し軍師にまでなったんだから、凄い男だったよねー。
歴史好きのるーにとって、やっぱり戦国歴史ものは面白かった。男たちの生き方はもちろんだけど、時代ゆえの女の生き方も様々だったし。まぁ仲代達矢さん信虎が小憎たらしく思えたこと、板垣甘利の死には涙したし、その後の千葉ちゃん千葉真一引退にはビックリしたしね。涙あり感動ありはもちろんだけど、大河ドラマにしては、高遠小笠原の掛け合いとか、終盤の伝兵衛らのコミカルシーンとか、笑えるところもいっぱいあったなー。

内野聖陽さん元々好きだったけど、やっぱり良かったです。ホント1年間ご苦労様でした。最後に走馬灯のように思い出される中で出てきた若かりし頃の勘助から時を経た勘助まで、飄々としてて面白くて凛々しくて小難しいくて、良かったよー。勘助には最後にもう少しミツ貫地谷しほりさん)を思い出して欲しかったけど。。。
市川亀治郎さん、るーは初めて知ったけど、やっぱり良かったと思う。歌舞伎役者だけあって貫禄があったし、セリフに重みが感じられたわ。晴信から信玄になっていく成長の過程もよかったと思う。
ガックンは思ったよりホント良かった。最初はNHKの話題性集めみたいなキャストの気がしたけど、神がかり的な長尾景虎役が合ってたみたい。最終回の白馬で突撃する姿もとっても凛々しくて神々しくて素敵でした。馬にも乗れるようになったんだから、これからも時代劇イケるんじゃん。現代劇より合ってる気がする?!
大河ならではの豪華なキャストだったけど、やっぱりるーは緒形拳さんってイイと思いましたよ。グッと締まるね。るーの記憶に残る大河ドラマの見始めは「峠の群像」なの。緒形拳さん大石内蔵助だったやつ。だからるーの中では大河=緒形拳さんみたいなところもありまして。。。

来年の大河ドラマは、宮崎あおいさん主演で「篤姫」だそうな。篤姫ってフジ「大奥」シリーズの最初、菅野美穂さんが演じた人だよね?予告を見る限り、チト宮崎さんのカツラがイマイチ?!と思っちゃったけど。。。ま、たぶん見ることになるとは思うけどね。

復習しましょう>>>NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山(前編)風林火山(後編)

予約受付中>>>今なら26%OFF風林火山 完全版 第壱集[7枚組]

     
やっぱり甲斐へ行ってみる>>>甲府・昇仙峡



川中島へも行ってみる>>>長野市周辺

やっぱり美味しい甲州土産はこれかな>>>甲州銘菓 桔梗信玄餅




<宜しければ人気blogランキング>

主婦るーのTVあれこれTOPへ
posted by るー at 11:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ

2007年12月11日

さよなら信繁

金さえもらえば、後は知ったこっちゃないー。。。
NHK大河ドラマ「風林火山」も残りわずか。武田信玄市川亀治郎さん)率いる武田軍と、上杉政虎ガクトさん)率いる上杉軍が決着をつけるべく、今か今かと動くときをみて睨み合い。
この戦、先に動いた方が負けと両軍とも思っていつつ、まったく動かないのでは勝負になりませんからねー。時を見計らっていた山本勘助内野聖陽さん)は行方不明になっていた原虎胤宍戸開さん)を助けてくれた老婆・おふく緑魔子さん)に川中島に濃い霧が出る日を尋ね、その答えは明日だった。。。
それを聞いて勘助は決意。武田全軍を二手に分け、1万2千の別働隊が上杉軍がいる妻女山を背後から襲い、信玄市川亀治郎さん)の率いる8千の本隊は麓で待ち構え、敵を別働隊とともに挟み討つという啄木鳥(きつつき)の戦法信玄に進言し、採用される。

でもこの戦法、宇佐美緒形拳さん)に見破られちゃったのねー。っていうか、おふく宇佐美に明日濃い霧が出ると教えに来たー。前から宇佐美はその時が来たら知らせてねって言ってあったのね。
おふくが、武田にも教えましたよなんてこと言うはずもなく、宇佐美は裏の裏、霧が出ることを武田が知ったらたぶんこうするだろうと予測したんですかね。。。おふくは褒美さえもらえれば、なんだっていいわけで。
おまけにいざ動くぞーという武田軍は腹ごしらえと、ご飯炊きまくり。武田の陣から飯炊きの煙が上がったのを見た政虎も、武田が動くと察知。挟み討ちされないようにと、サッサと妻女山から下っちゃう。濃い霧に紛れて奇襲をしかけようと思った武田別働隊はビックリ。だってもぬけの殻なんだもんー。

霧が晴れてきたと思ったら、武田本隊の前にはずらっと上杉軍1万3千。車懸かりの戦法ってやつらしいんだけど。ひぇー、数の上では8千対1万3千で上杉有利。武田は別働隊が山を下って飛んでくるまで、どうにか持ちこたえないといけないー!
戦法が見抜かれちゃって信玄に謝る勘助。お前は武田の軍師でしょー!と、とにかく対策を考えろーと言われちゃいまして。でもなかなか勘助の思うように戦いは進まない。。。
すると、信玄の弟・信繁嘉島典俊さん)が敵の本陣に切り込むと言い出す。その間に武田の軍勢は建て直しをしてくれと。捨て身の覚悟ってやつですね。戦いの前日に、息子に残した訓戒の最初に「お屋形様に謀反の心を抱いてはいけない」と書いたと言った信繁。「今宵は兄と呼んでくれ」と信繁と兄弟で杯を交わした信玄。まさに信繁が死んじゃいそうな展開に、信玄自ら書いたっていう経文が書かれたホロってやつを授けられちゃって。背中にそのホロを立てて、敵陣に乗り込む信繁だけど、どう見ても邪魔じゃない?それ。と思ったら寸でのところで、首は取られてもこのホロは奪われたくないと家臣にホロを息子に届けるよう託して、切り込んでいく信繁。いやーん、邪魔そうだったけど守ってくれそうなホロが無くなっちゃって、信繁討たれちゃったー。
ずっと信繁を見守ってきた守役の重臣・諸角加藤武さん)は、信繁様をお守りするのじゃー!と後に続いたけど、こちらも遭えなく討たれちゃったよー。

未だ別働隊は現れず、武田軍総崩れな感じに。久々に凄い合戦シーン。赤と黒のエクスタシーって感じではなかったけどね。。。
来週はとうとう最終回、どうなっちゃうんだよー。ミツは出てこないのかしらね???

来週はラスト!>>>NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山 後編



川中島へ行ってみる>>>長野市周辺

やっぱり美味しくてもう食べちゃいました>>>甲州銘菓 桔梗信玄餅




<宜しければ人気blogランキング>

主婦るーのTVあれこれTOPへ
posted by るー at 18:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ

2007年12月03日

勘助、いよいよ決戦へ

いよいよ「風林火山」も佳境ですね。
NHK大河ドラマ「風林火山」、武田と決着をつけるべく、上杉政虎ガクトさん)率いる上杉軍が川中島に出陣。もちろん武田信玄市川亀治郎さん)率いる武田軍も直ちに出陣しました。今までの川中島の戦いは本気じゃなかったの?!と言いたいぐらい、今度の戦いはみんな気合が入ってます。タダじゃ帰れないし、無事でもないかも?!と信玄三条夫人池脇千鶴さん)の今までの苦労をねぎらったりして。
山本勘助内野聖陽さん)ももちろん無事では帰れないかも?!と思ってるようで、槍の練習なんかしたりして。そんな勘助リツ前田亜季さん)はようやく「父上」と呼びましたね。そして香坂弾正田中幸太朗さん)との結婚を受け入れると言い出して、勘助を安心させました。山本家の留守はリツにお任せ下さい、っていうリツは凛々しくて頼もしかったわ。
リツと結婚させられそうになった太吉有馬自由さん)の息子・茂吉は既にお嫁さんがいて、子供まで出来てたよー。

いざお屋形様に同行かと思ったら、勘助はチト寄り道。諏訪勝頼様(池松壮亮さん)が初陣なんだって。だからお迎えかたがた由布姫様(柴本幸さん)のお墓参りもね。墓前で勝頼の初陣等々報告して行こうとすると、あーら不思議、由布姫様の姿が。頑張ってね、なんて言うのかと思いきや、行ってはならぬ、ですって。勘助はとっさの判断でお屋形様から許しが出ていないと、ヤル気満々で現れた勝頼を置いていくことにしたんですー。
勝手にそんなことしてイイのー?と思ったけど、報告した信玄はそれもイイだろうと承認。誰か残しておかないと、ってみんなホントに帰れないつもりー?

川中島での戦術はよく分からないんだけど、どうやら政虎は今度こそ大将戦というか、信玄本隊とぶち当たりたいみたい。だからあえて退路を断って、ジャジャーンと琵琶をかき慣らしながら?武田領に深く入り込む形で妻女山に陣を敷いたの。もちろん上杉が信玄をおびき出そうとしているのを武田も承知。早々に攻めにいったりなんかしませんよー。だからまたまた両軍にらみ合い。でも今回ばかりは両軍とも決着をつけようと思っているんだけど。。。

そんな中、この前の戦いで行方不明になっていた原虎胤宍戸開さん)が生きているという情報が。リツの実父でもあるし、ここは勘助が偵察に。
するとおふく緑魔子さん)という老婆の家で養生していまして。死にそうな重傷だったけど、おふくのお陰でなんとか助かったんだって。傷が癒えたらお礼をするって約束だったそうで、代わりに勘助が金を一粒おふくに進呈。
そして勘助はこの仙人チックなおふくに尋ね事をしてみた。川中島に出るという深い霧はいつ出るかなー?と。すると、空を見たおふくの答えは明日早朝。そうかー明朝かー、と戦いを決意したかのような勘助。
でもこのおふく、褒美がもらえれば何でもよさそうなおばあさんみたいよー。。。どうなるのー???

久しぶりに勘助の思い出の由布姫様の足スリスリシーンが再登場。あそこで足をスリスリして説得しなかったら、勝頼も生まれてなかったかもー?!
でもるーはやっぱり由布姫様よりも、ミツ貫地谷しほりさん)の方が好きだったけどなー。。。もう勘助ミツのことは思い出さないのかしらね???

残り2回ですよー!>>>NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山 後編



勘助がちょ早で作ったお城>>>松代城跡



富士急の帰りに定番だけどやっぱり買っちゃった>>>甲州銘菓 桔梗信玄餅




<宜しければ人気blogランキング>

主婦るーのTVあれこれTOPへ
posted by るー at 16:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ

2007年11月27日

政虎、目が覚める

伊勢、カッコよかったわー。
NHK大河ドラマ「風林火山」、上杉家の家督を継ぎ、関東管領職を譲り受けた長尾景虎ガクトさん)改め上杉政虎は関東に出兵。方々の関東の武将がはせ参じ、大軍となった政虎はチト慢心気味。チト気に入った成田長泰利重剛さん)の妻・伊勢井川遥さん)を人質として小田原まで同行させたと思ったら、関東管領様お披露目行列で下馬しなかった成田を引きずり下ろして鞭でペシペシしちゃったー。
宇佐美緒形拳さん)が心配した通り、成田は怒って伊勢を残して兵を引き上げちゃうし、膠着する北条との戦いに、大軍の士気は下がり、関東の武将は次々に逃げ出しちゃったー。

成田めーと怒る政虎に、伊勢はどうぞ私をお斬り下さいーと。でも成田が兵を引いて裏切った謗りは受けても、馬上から降りなかった謗りは受けぬとキッパリ。成田は武家の祖・八幡太郎義家に挨拶するにも馬から降りなくて許された名門。夫は無礼などしていない。あなたそれを知りもしないで、公衆の面前でこっぴどくシバくなんてー。何が神だ仏だ、チトおごり過ぎなんじゃないのー?とタンカ切り気味。
これで目が覚めたのか、政虎伊勢を斬ろうとする家臣を止め、自分が悪かったからちゃんとあなたを忍城まで送り届けますーと伊勢に言う。そうすれば成田も寝返りはしないってね。武田も北信濃に出張って来たみたいだし、この辺で越後に帰るぞーと関東から兵を引くことを宣言したのでした。
んー、伊勢カッコイイ。軍神軍神と誰も何も言えなくなってる政虎に喝。前はあんまり井川遥さんって好きじゃなかったんだけど、近頃結構好きかも。ほんわかタイプだけど、時にキリリとする人好きなのよね。

まぁとりあえず上杉軍を越後へ返したってことで、北条氏康松井誠さん)はホッと一息。でも同盟である武田がいつまでも味方とは限らないー、煮ても焼いても食えぬ貝って甲斐をかけてんのねー。なんだか上機嫌で女形のホープ・早乙女太一さんと親子舞ですよ。

でもって武田も一応褒賞式がありまして。敵の城に潜り込んでいた伝兵衛有薗芳記さん)が褒賞を受ける。武田信玄市川亀治郎さん)に直々に呼ばれて、金の粒3すくいを貰ったの。かなりのご褒美みたいで伝兵衛もたまげ気味。葉月真瀬樹里さん)も城に潜入していたんだから、手柄をあげたのね。潜入中に伝兵衛葉月に言い寄ったのはまたギャグかと思ったけど、ホントに夫婦になっちゃったのね。デレデレ伝兵衛に、葉月もまんざらでもなさそうで。。。
そういえば今さらだけど、真瀬樹里さんって板垣信方やってた千葉真一さんの娘さんですよね。親子共演してたのよね。お母様はもちろん野際陽子さんジャワカレーのCM見てておしどり夫婦だと思ってたのに、離婚しちゃって、千葉ちゃんは再婚されて子供もいるのよね。あ、そうそう千葉ちゃん、JJサニー千葉になるんですって。

さぁていよいよ武田上杉、決戦かもー。なんてみんな察し始めて、山本勘助内野聖陽さん)は有望株で自分を慕う香坂弾正田中幸太朗さん)と養女のリツ前田亜季さん)の結婚を画策。自分からもっと軍略を学びたければリツと結婚してね、なんて訳分からない言い様なんだけど、自分の慕う人こそが国であり城であると考える勘助にとって、今はリツが城。だからその城をもらってねーな感じ?!
もちろん香坂も???顔なんだけど、未だに勘助ラブで、父上ではなく旦那様と呼んでるリツも困り顔。いいんですームリしなくてー、歳もとってるしー、いつまでも旦那様の隣にいたいんですーってお断り。でもそんなリツの態度を見ていた香坂は、やっぱり気に入りましたと結婚を承諾。婿は勘弁して欲しいけど、男の子がいっぱい産まれたら1人を山本家の跡取りにとお約束。勝手に話が進められてる割には、リツもまんざらでもない感じに。何気にリツの顔も緩んでいくけど、結婚の話がやがて来るべき決戦の話に移ると、リツの顔も曇り気味?!

あ、そうそう、上杉憲政に忠節に仕えていた長野業正小市慢太郎さん)が病で死んじゃったんだってー。イイ人だったのにねー。。。

残り3回だー!>>>NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山 後編



宇佐美定満の本拠地なんですって>>>柏崎

こんなのありました>>>【農林水産大臣賞受賞】川中島納豆




<宜しければ人気blogランキング>

主婦るーのTVあれこれTOPへ
posted by るー at 18:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ

2007年11月19日

景虎、上杉政虎に

なんだー、女性に興味あったのね。。。
NHK大河ドラマ「風林火山」、上洛から帰ってきた長尾景虎ガクトさん)はようやく関東管領・上杉憲政市川左團次さん)との約束、北条氏康松井誠さん)を倒すため関東へ出陣。景虎のもとには関東の武将が次々とはせ参じ、十万もの大軍に。上杉憲政の忠臣、長野業正小市慢太郎さん)、ホントにお待たせーって。

迎え撃つ北条氏康はヘタに戦いを挑まず、兵を引いて堅固な小田原城に篭城して戦う戦法に。景虎は大軍を率いて小田原城を包囲するんだけど、途中武蔵国忍城を治める成田長泰利重剛さん)の妻・伊勢井川遥さん)を小田原まで同行させたりして。
この成田長泰源氏の出だかなんだか由緒正しい名門の家柄だそうで、景虎が現れても上座をすぐに譲らず。それにカチンときたのか、生母に似ていて気にいっちゃったのか、伊勢は人質のようで。でも、威圧して上座を譲らせる感じ、正義の味方の景虎も慢心気味ー?!前は結構身分も謙虚だったのにね。。。宇佐美緒形拳さん)もちょっと心配。

武田では四郎池松壮亮さん)が元服し、諏訪勝頼に。山本勘助内野聖陽さん)も感激ひとしお。
関東が景虎に呑み込まれちゃったりする前に、信濃に目を向けさせ、川中島で決戦を。そこに勝頼が初陣を飾る。なんて勘助は考えてたら、出世街道まっしぐらの春日源五郎改め香坂弾正田中幸太朗さん)がその先まで見据えて考えているのを知り、どうも勘助香坂リツ前田亜季さん)の婿にと思い始めたみたいですね。
もともと香坂は、地侍の息子の時代に勘助に出会って兵法を学び、勘助の弟子とも言うべき存在。誠実でしっかりしてて賢そうですよね。もう30過ぎてたなんてね。うまくいけば山本家も安泰?!

そんでもって、北条の本拠地である小田原城を大軍で取り囲んだ景虎でしたが、全然落ちないー。大軍とは言え、寄せ集めだしね。。。逆に景虎の方が補給路を断たれたりして、まるで篭城状態?!
それでも神仏がついてると強気の景虎は、伊勢にそんなの信じられまへんわーと言われたのがカチンときたのか、単身城壁の前に座りこみ、僕は死にましぇーん!武田鉄矢さんばりに、敵の矢と鉄砲玉が飛んでくる中で酒を飲んで見せたのでしたー。これには氏康もビックリ。

小田原城が落ちないからとりあえず、ってことでもないと思うけど、景虎上杉憲政から上杉家の家督を譲り受け、関東管領となる儀式を鎌倉・鶴岡八幡宮にて行いました。鶴岡八幡宮って上杉家にゆかりがあったのね。へぇー。るーは結構好きで年に1回は行ってるかも。。。でも源氏は聞いても上杉は聞いたことなかったわ。上杉政虎になったんだって。
でー、恭しく関東管領様のお披露目行列がお通りー、ってみんな頭を下げるのに、誰か馬からも下りない奴がいるー!ってわざわざ政虎は、籠から下りてそいつを馬から引きずりおろし、鞭でぺシーッ!それは伊勢の旦那さん、成田長泰なんですけどね。利重剛さんってこないだフジ「ガリレオ」で火の玉を目撃してましたね。
マズイ、、、ってヤバイ顔の宇佐美。関東管領は偉いんだろうけど、成田ってのも名門なんですよね???政虎、大丈夫なのー???

残り4回だー!>>>NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山 後編



北条の本拠地へ行ってみる>>>小田原



小田原と言えば>>>小田原鈴廣 歳時記 紅葉狩り




<宜しければ人気blogランキング>

主婦るーのTVあれこれTOPへ
posted by るー at 19:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ

2007年11月12日

嫌われ勘助?!

義元様、さようなら〜
NHK大河ドラマ「風林火山」武田信玄市川亀治郎さん)を敵討ちしようとした虎王丸柄本祐さん)は、閉じ込められた寺から逃げ出そうとして斬られちゃったそうで。もう出てこないのね。。。
斬ったのは、虎王丸が怒って斬ろうとした武田義信木村了さん)の守役でもある飯富虎昌金田明夫さん)だから、ホントに逃げようとしたのか怪しいんだけど。。。

そんな中、晴信にどっかから僧が訪ねてきて、尾張織田信長のことを教えてくれるー。たぶんこの頃は内外でうつけ者と思われてるんだろうけど、信長は結構有能な武将で、情報収集もするし、鉄砲も重用してるらしいですよー、なんてね。どうもこの僧は尾張から使わされたみたいで、それこそ信長の宣伝に来たみたいなんだけど。

その尾張にそろそろ駿河今川義元谷原章介さん)は攻め込もうとしてまして。虎王丸の一件が越後からの差し金で、これに同盟を結ぶ今川寿桂尼藤村志保さん)が黙認したと知って怒り爆発だった山本勘助内野聖陽さん)は、伝兵衛有薗芳記さん)と太吉有馬自由さん)の情報から、桶狭間という場所を織田方が調べていることを知ると、一計を案じて単身駿河へ。
義元が進路に迷ってると聞いたからと、自分なら尾張の清洲城に真っ先に向いますよー、他に行ったりしたら義元様とて戦上手の信長にやられちゃうかもよ、なんてわざわざ進言。勘助の言うことも一応留め置くようにって寿桂尼が言うんだけど、義元はなんてたって勘助嫌い。自分がバカにされたようで、怒り気味にさっさと勘助を下がらせちゃったー。

もちろんこれは勘助の策略で、もし織田信長今川を倒すような事があったら、武田が駿河を手に入れられるかもー、と自分を嫌う義元なら自分の進言とは逆のことをするだろうと、ワザと危険な桶狭間を通らせるような進言したんですねー。
義元が出兵しちゃった後に、虎王丸の一件の侘びを入れても、まさか寺を出奔するなんて思わなかったと知らぬ顔の寿桂尼に、義元は自分の進言聞いてくれたかしら?と聞く勘助。まさか聞かないで桶狭間っていう危険な所通って油断したりしたら、大変なことになっちゃいますよーと言ったりしてね。もちろん今川の陰のドン・寿桂尼ですから、もしかしてワザと言ったんじゃ?と感づくけど、時既に遅し。
やっぱり勘助の言うことを聞かなかった義元は、桶狭間でのんびりしてたら、いや〜ん織田の奇襲に遭って討死しちゃったー。

普通は負けた大将の首は取られちゃうんだろうけど、なんか家臣が頑張っちゃって織田から義元の首を返してもらえたそうで。首が帰ってきて家臣や嫡男・今川氏真寿桂尼とご対面。首シーンが長いから、谷川章介さんの生首がご出演かと思いきや、結局顔は映りませんでしたね。
大将の首は取られちゃったけど、まだ今川が滅びたわけでもなく。。。これからは今川氏真にかかっていると思われるんだけど、どうもバカ息子らしいのよね。義元は人質として今川で育った松平元康がホントの息子だったらなー、なんて言ってたくらいだから。この松平元康は後の徳川家康だそうで。頭角を現してたんだけど、この機に織田へ寝返ったみたいですね。

今川義元っていうと、お公家気取りで遊びまくりの人の印象が強いけど、今回の義元はそこそこ出来る男だったような。。。どっちかというと関東管領・上杉憲政市川左團次さん)の方がそれっぽい?!谷原章介さんだったから、知的に見えたのかな?
でも義元を支えていたのはやっぱり雪斎伊武雅刀さん)だったんでしょうね。雪斎が死んでなければ、勘助嫌いの義元も討たれてなかったかもね。。。

残り5回だー!>>>NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山 後編



尾張の国に行ってみる>>>愛知県

駿河の国の美味しい魚を食べてみる>>>【初回限定!】送料無料!駿河湾深層水仕込干物詰め合わせ!




<宜しければ人気blogランキング>

主婦るーのTVあれこれTOPへ
posted by るー at 17:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 大河ドラマ

2007年11月07日

勘助、怒る

寿桂尼、寿桂尼、寿桂尼め〜。。。
NHK大河ドラマ「風林火山」、坊主頭になった武田晴信改め武田信玄市川亀治郎さん)はやっぱり貫禄が出てきましたねー。んー、まさに昔歴史の教科書なんかで目にした信玄の人物画な感じー。

先週久々出てきた平蔵佐藤隆太さん)はヒサ水川あさみさん)との間に2人も子供が出来ていて、ヒサ武田への恨みを晴らすことよりも、今の家族の幸せを大守りたいという思いに変わっていましね。
でも平蔵の方は今の暮らしに不満。40歳過ぎて武田に仕官した山本勘助内野聖陽さん)の成功を羨み、自分も軍師になりたいと宇佐美緒形拳さん)に頼み込みました。
そして宇佐美は、勘助とも縁があり甲斐にも詳しい平蔵を試してみようと言いまして。。。

宇佐美に言われ平蔵が向かったのは駿河。今川家に預けられて出家している亡き諏訪頼重小日向文世さん)と禰々桜井幸子さん)の子・虎王丸柄本祐さん)に武田への恨みを抱くよう仕向けるためだったんですねー。
寿桂尼藤村志保さん)は事を察し、信玄が死ねば家督は今川の姫を嫁にした義信木村了さん)が継ぐもんねー、と面会を許し、頼重が自分が家督を継ぐことを条件に切腹させられたこと、姉・由布姫柴本幸さん)が信玄の側室となって子を産んだ後見捨てられて死んだことを虎王丸に話す平蔵を援護射撃し、虎王丸の憎悪を煽るのでしたー。
おまけに虎王丸に駿河から出ることを許したもんだから、平蔵に連れられるまま虎王丸は甲斐へ向かったー。途中、平蔵に妻子がいると知った虎王丸平蔵の同行を許さず、虎王丸は1人で行っちゃったー。もう覚悟を決めているらしく、子供から父親を奪って自分のようにできないと。。。

それにしてもリツ前田亜季さん)は情報通。明るくておしゃべりで、やっぱり勘助お嫁にもらえば良かったのに。。。
で、娘となったリツから、最近若い僧が於琴姫紺野まひるさん)のところに出入りしていると聞く勘助。ちょっと気になるなーと思っていたところへ、伝兵衛有薗芳記さん)らが平蔵を連れてくる。不審な平蔵を問いただし、虎王丸の行動を知った勘助信玄のもとへ急行。

でもさすがはお屋形様。長笈という僧名を聞いて、若い僧が虎王丸であることに気づいていたんですねー。斬りかかられそうなところを退けたー。ちゃんと覚えていたんだって。虎王丸に詫びを言い、気遣う信玄。そんな信玄虎王丸も恨みの気持ちが薄らいだー。
と思ったら、父親の大事を聞きつけた義信がいきなりやってきて、姉である由布姫のことなどを悪く言ったもんだから、恨み再燃。義信に近づき、その刀を抜いて義信を斬ろうとしたら、身代わりとなった萩乃浅田美代子)を斬っちゃったー。
京の都から三条夫人池脇千鶴さん)に伴ってやってきた萩乃三条夫人の幸せを願い、三条夫人に抱かれながら死んじゃったのでした。

結局平蔵伝兵衛たちが逃がしちゃったの。その平蔵が、裏で糸を引いていたのは同盟を結ぶ今川の寿桂尼と言ったと聞いた勘助は怒り心頭で「寿桂尼〜!」と叫ぶのでした。

うーん、平蔵ミツが死んでからしばらく勘助と一緒に放浪してたし、離れてからも勘助のようにあっちへこっちへ。なのに勘助は武田の軍師で、自分は細々農業する下っ端武士。家族も出来て、昔の平蔵だったらそれで幸せなはずなのに、色々な経験しちゃった分、武士の世界にのめり込んでしまったみたい。。。
でもやっぱり優しいというか、甘いのよね。いくら言われても、虎王丸様を助けてーなんて白状しちゃダメじゃんねー。
閉じ込めておけー!っていわれた虎王丸だけど、柄本祐さんもう出てこないのかなー?TBS「世界の中心で愛を叫ぶ」のお寺の息子役でもクリクリ坊主頭になってましたよね。なかなか似合う〜。

あと何回?>>>NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山 後編



甲斐善光寺なんてあるんだ>>>甲府市郊外

るーも泣きましたー>>>世界の中心で,愛をさけぶ 完全版 DVD−BOX〈6枚組〉


<宜しければ人気blogランキング>

主婦るーのTVあれこれTOPへ
posted by るー at 15:54 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ

2007年10月30日

晴信、信玄に

勘助は道鬼ですって。
NHK大河ドラマ「風林火山」由布姫を思ってか、山本勘助内野聖陽さん)はリツ前田亜季さん)を嫁にはとらず、養女にすることで決着。お屋形様である武田晴信市川亀治郎さん)の提案だったとはいえ、勘助を気に入っていたリツは残念無念で、ふてくされ顔なんですけどね。

武田軍は長尾勢の重臣・大熊大橋吾郎さん)の調略に成功したのに乗じて、北信濃の長尾勢力を一掃。長尾景虎ガクトさん)は深い雪に閉ざされちゃって動けなかったんですねー。なんたって越後ですから。
春になって景虎は兵を挙げたものの、武田は決戦を避けたため、とくに戦果をあげられず。これが第3次川中島の戦いらしいんですけどね。

そんな中、時の将軍・足利義輝武田長尾の和議を提案してくる。景虎が同意したと聞いて、晴信も同意。でも代わりに信濃守護の職をちょうだいってね。これによって信濃を脅かす越後に攻撃出来る大義名分を得たわけで。
え、そしたら越後はどうなるわけ?と思ったら、またまた出てきた関東管領・上杉憲政市川左團次さん)が景虎を養子にして、関東管領の職を譲ってくれるっていうんですー。そうなれば、関東管領は守護より位が高いようで、またまた武田を討つ大義名分を得るんです。
でもその代わりって言っちゃーなんだけど、憲政は関東管領というものまずは関8州を平定しないとね、ってかねてからの願い、北条を討ってくれーっと景虎に頼むのでした。

でもね景虎さん、また上洛してくるって言うの。将軍より関東管領を継ぐ承諾を得るためですって。足利将軍といえども、もう戦国時代ですからねー、力はあんまりないようで。誰かに攻められちゃってるみたいで、景虎に助けの兵を頼んでたみたい。だから武田との和議を提案したのね。律儀な景虎はもちろん出兵するわけで。
自分を慕う直江西岡徳馬さん)の娘に、京のお土産は何がいい?、なんて聞くあたり、なんだか景虎さん京の都が好きなのかしら?もちろん女性には興味はなく、この娘は景虎が上洛中に出家しちゃったんだって。ホントに好きだったのね。

戦国の世の女性は大変だわー。いや、それより前から大変だったんだろうけど。結婚なんてほとんどが親が決めたり、誰かに見初められたりで、自分からイケイケゴーゴーなんてそう出来ないことで。もちろん自分が気に入っても相手が気に入らなければもダメなわけだし。
死んだ由布姫柴本幸さん)だって自分の親を討った相手に側室にされ、愛してしまったー子供も出来たーと思ったら、とんとご無沙汰されちゃって。死んじゃってから悔やまれてもねー。

信濃守護となり、由布姫のことを悔いる晴信は突然出家宣言、とうとう武田信玄になりました。主君にならって勘助も出家することに。道鬼って名前なんですって。他にも原虎胤宍戸開さん)と真田幸隆佐々木蔵之介さん)も追随して出家しちゃったんですー。
でもね、勘助はお酒もやめられないし、戦するわけだから殺生するわけで。女人がいらないのは元からだし。
リツは武士の出家なんて口だけじゃん、と呆れ顔なのでした。


あと何回?>>>NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山 後編



るーも行きたい京の都>清水寺・秋の特別拝観は11/15から>京都府





<宜しければ人気blogランキング>

主婦るーのTVあれこれTOPへ
posted by るー at 15:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。